【韓国オタクが解説】韓国旅行の飛行機代を安くするコツ&おすすめLCCを比較

  • URLをコピーしました!
悩む人

韓国旅行で安い飛行機会社はどこなんだろう?

と悩んでる人に、おすすめな航空会社をまとめました。

安く韓国旅行に行くなら、絶対LCCがおすすめです。

安ければ往復3万円、普通でも往復5万円ほどで行けます♡

あやきむ

韓国行きLCCの比較もしています。参考にしてね。

目次

韓国旅行の飛行機代を安くするコツ5つ

まず、韓国までの飛行機代を安くするコツを紹介します。

安くするには、格安航空会社(LCC)を使ったりマイルを活用したり、いろいろな方法があります。

あやきむ

ひとつずつ解説していきます!

格安航空会社(LCC)を利用する

Peachでの韓国までの往復航空券代(2人分)

韓国の飛行機代を安くしたいのなら、LCCを選ぶのが一番簡単な方法です。

LCCは席が狭かったり、ドリンクサービスがなかったり、荷物に追加料金を取られたりデメリットがあります。
しかし、韓国へは2~3時間ほどで到着するので、LCCのデメリットがあまり気にならないです。

JALやANAを利用すると韓国まで往復10万以上かかります。

比較的安い大韓航空を利用しても5~10万円はかかります。

しかし、LCCを利用すると時期によっては3万円以下、高くても往復5万円くらいで行けますよ♡

あやきむ

私は何度も渡韓したい派なので、私はLCCばっかり乗って節約しています♡

LCCのセールを狙って予約する

セールは各社バラバラに開催されてます。頻繁にチェックを!

LCCは常に安いのですが、セール期間中はとくに安く航空券が買えます。

セールは各航空会社が行っていますが、不定期に行われています。

(1~2ヶ月に1度くらいのペースでしています。)

定期的に各航空会社のホームページを確認して、セール期間中に安い航空券をゲットしてみて♡

あやきむ

セール情報はSNSでも流れてくるので、各航空会社のアカウントフォローするのがおすすめ!

早割を利用する

同じフライトの航空券でも、予約するタイミングによって価格が高かったり、安かったりします。

価格が変動する理由は、
まず安い航空券が売られて、安い航空券が売り切れたら、高い航空券が売られるというシステムだからです。

直近の航空券は、すでに安いチケットが売り切れてるので、価格が高くなりがち。
逆に、数ヶ月先のスケジュールは安い航空券が残っていることが多いです。

だから、私はいつも3~6ヶ月先の航空券を予約するようにしています。

セール価格の航空券よりも、日程が先の航空券の方が安かったりすることもあるので見逃せません。

あやきむ

ホテルも早めに取ったほうが安いので、早め早めの行動がよいです!

マイルを活用する

悩む人

LCCを使うのは少し抵抗があるな。できれば、ANAやJALで行きたい。

という人は、マイルの活用をおすすめします。

韓国への必要マイル数は往復15,000マイルほどです。

(シーズンによって必要なマイル数は前後します。)

あやきむ

マイルは普段の生活をすべてクレジットカード決済にすると貯まりやすいです!

航空券比較サイトを利用する

エアトリやskyticketなどが有名です

日本⇔韓国間のLCCは、Jeju航空やPeach、アシアナ航空など、たくさんの会社があります。

それらの航空会社のフライトをひとつひとつ検索するのは大変。

私もやったことがありますが、とても疲れる作業です……

そんなときに役に立つのが航空券比較サイトです。

航空券比較サイトは、各社の航空券を一括検索できます。
行きはチェジュ航空、帰りはアシアナ航空など、航空会社を横断して予約できるのもメリットのひとつ。
たくさんのフライト情報から選べるので、好みの時間も見つかります。

おすすめの航空券比較サイトは、後述します。

航空券比較サイトはLCC以外の航空券も見れるので、ANAやJALなどの航空券も探せます。

あやきむ

航空会社にこだわりがなければ、航空券比較サイトの利用が楽です。

\ 航空券を実際に比較してみる /

韓国行きLCC7社を徹底比較!

悩む人

韓国行きのLCCってどんな会社があるの?

という人に、おすすめの韓国LCCをまとめてみました。

表にまとめるとこんな感じです。

スクロールできます
項目チェジュ航空Peachティーウェイ航空エアプサンジンエアーエアソウルイースター航空
利用できる空港(日本)成田・関西・福岡・名古屋・札幌・沖縄・松岡・静岡・大分・広島羽田・関西・札幌成田・関西・熊本・佐賀・札幌・沖縄・福岡成田・関西・福岡・札幌成田・大阪・名古屋・沖縄・福岡・北九州・札幌成田・関西・福岡・高松・米子成田・関西・福岡
利用できる空港(韓国)仁川・金浦・釜山・チェジュ仁川仁川・大邱・釜山・チェジュ・チョンジュ(清州)仁川・チェジュ・釜山仁川・釜山仁川仁川
価格(目安)往復35,000~50,000円往復35,000~50,000円往復35,000~50,000円往復35,000~50,000円往復35,000~50,000円往復25,000~50,000円往復35,000~50,000円
機内持ち込み手荷物2個10kg以内2個合計7kg以内1個10kg以内1個10kg以内1個10kg以内1個15kg以内1個10kg以内
受託手荷物料金15kg KRW30,000
※航空券プランによって15kgまで無料
20kg 2400~3500円
※航空券プランによって20kgまで無料
15kg 3700円
※航空券プランによって20kgまで無料
23kg 2000円15kgまで無料15kg 4000円15kg 3500円
※航空券プランによって15kgまで無料
スタッフの対応⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
機内の心地よさ⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
日本語は通じるか⚪︎⚪︎
おすすめ度
各社の比較。手荷物料金は規定が細かいので、各社HPでご確認ください。

各社料金はだいたい同じくらいで、安かったら3万円台、通常で5万円弱ほどでした。

あと、日本語が通じるかですが、日系エアラインのPeachが一番日本語通じる率が高いです。

他のエアラインは、日本の空港では通じるけど、韓国現地の空港では通じない、と思っておいた方が良いでしょう。

あとは、機内持ち込み手荷物や受託手荷物の容量ですが、空港会社によって結構違いがあります。

機内持ち込みのキャリーケースだけで行く人は、手荷物の規定もチェックするほうがいいです。

韓国好きから人気が高い『チェジュ航空』

オレンジカラーが特徴のチェジュ航空は、韓国でもっとも有名なLCCのひとつ。

日本からは、東京(成田)・大阪(関西)・福岡・名古屋・札幌・沖縄・松岡・静岡・大分・広島から飛んでいます。

行き先は、仁川・金浦・釜山・チェジュがあります。

(金浦航空行きは、東京・大阪・福岡便のみです。)

私がチェジュ航空に乗った感想は「普通」です。

価格は、関西⇔仁川で往復35,000円ほど。
座席は狭いですが、許容範囲内でした。

関西国際空港でのスタッフの対応はよかったですが、仁川空港でのスタッフの対応はよくなかったです。
こちらが日本人とわかっていても、韓国語しか話してくれなかったです。
一方で手荷物は少しオーバーしてても、パスしてくれました。
スタッフによって対応の差が激しいです。

私の周りにいる韓国好きは、チェジュ航空好きが多いです。

日本の地方都市からも飛んでいるので、使い勝手の良さはピカイチです。

何度も韓国に行きたい人なら、独自ポイントが貯まるのでおすすめです。

あやきむ

機内持ち込みが10kgまで大丈夫なのがメリット。他の航空会社よりもゆるめです。

関西発でお得に韓国に行くなら『Peach』

Peachは数少ない日本のLCCのひとつ。

ANAホールディングスの子会社なので、他のLCCよりも日本語が通じるのがメリットです。

韓国のスタッフも簡単な日本語を話せますし、他のLCCよりも対応がよいと感じます。

出発は東京(羽田)・大阪(関西)・札幌で、行き先は仁川空港だけです。

私の一番のお気に入りが「Peach」です。

価格は、関西⇔仁川で往復35,000円でした。
座席はLCCにしては広く、機内も比較的綺麗です。

仁川空港でのスタッフの対応もよく、日本語も少しなら話せます。

Peachは機内持ち込み手荷物が厳しめです。

7kgまでしか持ち込めないのと、手荷物と別に紙袋などを持っているとまとめろと注意されます。

なので、購入したものをまとめる大きめの袋を持参するのがおすすめ。

あと、スーツケースを預ける予定があれば、航空券の購入時に申し込むのがおすすめ。
航空券購入時は2400円で20kgまで預けられます。
ですが、空港で申し込むと同じ20kgでも3500円取られます。

手荷物も少しオーバーしてても許してくれる航空会社もありますが、Peachはきっちり重量を測られます。

あやきむ

日系なのでスタッフの対応は優しいですが、重量などのルールには厳しい印象です。

韓国の地方都市に行くなら『ティーウェイ航空』

ティーウェイは大邱や釜山、チェジュチョンジュ(清州)へ就航してるのが特徴!

もちろん、ソウル(仁川)にも行けます。

東京(成田)・大阪・熊本・佐賀・札幌・沖縄・福岡から飛んでおり、熊本・佐賀・沖縄は仁川行きのみです。

ティーウェイ航空は、大邱や釜山で開催されるコンサートで利用するのがおすすめです。

運賃は、関西⇔大邱で往復45,000円ほど。
割引クーポンを使えばもう少し安くで行けます。

機体は少し古めで、席も狭いです。
韓国の空港スタッフの対応はあまりよくなく、韓国語しか話せない人もいます。

気になったのは、機体が小ぶりで少し揺れやすいという点です。

機体が当たり外れもありますが、古い機体が多いことが多いようです。

あやきむ

福岡・熊本・佐賀・沖縄と九州発の便が多いです。九州に住んでいる人は、ティーウェイ航空が便利なのでおすすめです。

釜山に行くなら乗りたい『エアプサン』

エアプサンは釜山を拠点とする韓国の航空会社です。

東京(成田)・大阪(関西)・福岡・札幌から、韓国の釜山・チェジュ・仁川行きの飛行機が飛んでいます。

エアプサン航空は、釜山やチェジュの観光の時に利用するのがおすすめ。

運賃は、関西⇔釜山で往復40,000円ほど。
機体も比較的きれいで、座席はやや狭めです。

韓国の空港スタッフは、韓国語・英語のみの対応です。

日本での空港スタッフは悪くないのですが、韓国現地のグランドスタッフの態度が悪いという口コミが目立ちます。

(これはどの航空会社でもそうですが、特に目立っていました。)

ただ、もちろん韓国人でもいいスタッフがいますし、リピーターも多いエアラインです。

あやきむ

釜山に行くときにぜひ活用してみて♡

15kgまで受託手荷物が無料の『ジンエアー』

LCCは普通、受託手荷物には追加料金が取られます。

もしくは、上のランクの予約が必要なのですが(ランクごとに受けられるサービスが異なります)、ジンエアーは追加料金なしで受託手荷物が預けられます。

LCCの中では口コミ評価が高いのがジンエアーです。

運賃は、関西⇔釜山で往復40,000円ほど。
座席はやや狭め〜普通です。(乗る機体によって異なります)

韓国の空港スタッフで日本語を話せる人も多いです。

LCCなのに、質の高いサービスが受けられるジンエアー。

就航航路は、東京・大阪・名古屋・沖縄からは仁川行きのみ、福岡・北九州・札幌からは仁川・釜山行きが出てます。

あやきむ

リピーターが多いLCCのひとつです。

利用しやすい時間帯の『エアソウル』

LCCといえば、早朝や深夜などアクセスが悪い時間帯に飛んでいるのが特徴。

ですが、エアソウルは9:00~21:00くらいの利用しやすい時間帯にフライトがあります。

成田・関西・福岡・高松・米子から出発しており、仁川行きのみです。

ジンエアーに並んで、口コミ評価が高いエアラインです。

運賃は、関西⇔仁川で35,000円ほどでした。
運賃は直近だと45,000円、半年先のフライトなら25,000円であったりと、差が激しいです。

じっくり調べてみると、掘り出し物のフライトがあるかもです。

注意したいのが、手荷物料金が高いこと。

事前購入で15キロで4,000円かかり、当日購入なら15キロで5,000円もかかります。

他のエアラインと比べても高いので、荷物が多い人は必ず事前購入するようにしましょう。

一方で、機内持ち込みは15キロまでOKとゆるめの規定です。

機内持ち込みトランクのみで旅行する人にはお勧めできます。

機内の広さはそこそこで、2時間ほどのフライトなら不便は感じないです。

あやきむ

高松(香川県)と米子(鳥取県)から飛んでいて、中国・四国地方の人におすすめです。

機内食が美味しそうな『イースター航空』

LCCは基本的に機内食を提供しません。

もちろん、イースター航空も無料では機内食はついてきません。

が、イースター航空の有料機内食が毎回とっても美味しそうなのです。

韓国に到着してからは、効率的に動きたい!という人には、飛行機内でご飯を済ませていくのもいいかも。

以前は、関西・沖縄・福岡・宮崎・鹿児島・札幌・茨城・大分路線が就航していました。
今は、東京・大阪・福岡だけですが、今後路線が増えることが期待です!

運賃は、関西⇔仁川で45,000円ほどでした。
他エアラインより少し高めと感じました。

ただ、公式HPの会員になって、一番安いプランを予約できると、片道2,900円(サーチャージ・税別)というのもあり、使い方次第では安いかも。

機内持ち込みや受託手荷物、機内の設備などは一般的なLCCという感じで、特筆すべきことはありません。

あやきむ

今は就航時間も少ないので、今後増えていくことを期待してます!

LCC以外で安く韓国にいく方法は?

LCCはサービスや安全面から考えて、利用に抵抗感がある人もいると思います。

そんな人は、JALやANA、大韓航空を使って韓国に行きましょう。

あやきむ

LCCと比べると高くなりがちですが、安くで韓国に行く方法を紹介します。

LCC以外で韓国にいくなら『大韓航空』がおすすめ

まず、LCC以外で韓国にいくには、次の4社があります。

LCC以外で韓国に行ける航空会社
  • JAL
  • ANA
  • 大韓航空
  • アシアナ航空

この中でも安いのは『大韓航空』と『アシアナ航空』です。

安い日程なら5万円以内で収まることもありますし、だいたい7~8万円くらいで行けます。

反対にJALやANAは、10万円以上かかることもあるので、韓国便ではあまりおすすめできません。

あやきむ

大韓航空は、韓国の俳優やアイドルが移動するときにも使う超有名エアラインです。

LCC以外ならマイルを最大限活用する

悩む人

JALかANAの日系エアラインで行きたいんだよなぁ。

って人は、マイルの活用をおすすめします。

マイルが貯まるのは、飛行機に乗ったときだけではありません。

普段の買い物の支払いをクレジットに変えるだけで、マイルがどんどん溜まっていきます♡

クレジット払いに変えられるもの
  • 家賃
  • ガス代・水道代・光熱費などの公共料金
  • 携帯代
  • 食費や日用品
  • 交際費
  • 衣類
  • 嗜好品

とにかく、生活に必要なお金をすべて一つのクレジットカードで払います。

普通の主婦でも、ひと月に10万円ほどは支出があるはず。

韓国へ行ける15,000マイルは、ANAなら150万円、JALなら100万円ほどの支払いで貯まります。

あやきむ

日々の買い物でマイルを貯めて、お得に韓国に行きましょう♡

安い飛行機を探すなら予約サイトを活用しよう

悩む人

いろんな航空会社があって、航空券を調べるのが大変!

って人は、航空券予約サイトを活用しましょう。

複数社のフライトを一度に検索できて、行きはアシアナ、帰りはチェジュ航空などのカスタマイズも可能です。

あやきむ

おすすめサイトを紹介します♡

楽天ポイントが貯まる&使える『楽天トラベル』

楽天ポイントを貯めてる人なら、楽天トラベルを利用するのがおすすめ。

楽天ポイントが貯めたり、使ったりできるからです。

また、定期的にクーポン配布やポイントバックのキャンペーンもしています。

楽天トラベルのセール時は、1万円や2万円オフクーポンが配布されます。

(予約金額によって、クーポンの割引率は異なります。)

セール開始直後はサーバーダウンしてしまうほどの人気ですが、お得なのでチェック必須です!

あやきむ

限定クーポンはかなりの激戦。利用開始期間が始まったら、すぐに予約すること!

3万円〜韓国3日間ツアーもあるよ

ホテル付きのパッケージツアーが安い『H.I.S』

格安旅行で有名なH.I.S(エイチアイエス)は、おすすめな航空券予約サイトです。

航空券だけも予約できますし、ホテル付き航空券もかなり安いです!

他の航空券予約サイトよりもエイチアイエスの方が安いと感じます。
(私の推測ですが、エイチアイエスは大手なので手数料が安いのかも。)

しかも、定期的にセールもしてるし、ツアーパッケージも安くておすすめです。

とくに、初心者さんは飛行機もホテルも調べるのはとても大変。

ホテルにこだわりがあまりないのなら、エイチアイエスのパッケージツアーがおすすめです。

韓国では1日中自由行動で、飛行機とホテルがセットで25,000~70,000円で予約できます。

あやきむ

過去にエイチアイエスを利用したことがありますが、追加料金なしのホテルでも普通のビジネスホテルって感じでした。全然問題なかったです。

韓国初心者さんに一番おすすめ

国内最大級の航空券予約サイト『skyticket』

skyticketは、航空券の検索&予約に使っているサイトのひとつです。

行き帰りの時間を指定したり、使う航空会社を指定したりできて、検索がしやすいのが特徴。

ホテルも一緒に予約できますが、skyticketで予約する場合はホテルと航空券は別々で取るのがおすすめです。

あやきむ

航空券のみの検索におすすめのサイトです!

ANA・JALからLCCまで一括検索できる

韓国行きの飛行機が安いシーズンは?

韓国に行くなら、どうせなら安いシーズンに行きたいですよね。

同じ日数でも、ローシーズンに行けば飛行機代を安く済ませられますよ♡

安くて気候も良い5~6月がおすすめ

一番おすすめのシーズンが5~6月です。

学生の夏休み前なので価格が安いのに加えて、気候もいいからです。

特にゴールデンウィーク直後は安いです。

5~6月の韓国はあまり日本と気候が変わらず、暑くも寒くもなく過ごしやすいですよ♡

あやきむ

社会人や主婦はこの時期に休みを取っていくのがおすすめ!

寒いのが平気なら1~3月も安くで行ける

一番航空券が安くなるシーズンが「」です。

ただし、韓国の冬は超極寒で、日本と比べ物になりません。

正直、寒いのが苦手な人にはおすすめできません。

だけど、チゲ鍋やタッカンマリ(鶏の水炊き)など、冬の韓国だからこそ楽しめるものもありますよ♡

あやきむ

観光客が少ないので、私は冬の韓国が大好きです!

追記:2024年は冬も高かった

韓国人気が高まっている&物価が上昇している今、韓国旅行が少しずつ値上がりしています。

2023~2024年の冬は、例年よりも高かったです。

LCCでも往復5~8万円することもありました。

あと、韓国国内で行事がある場合は、冬でも高かったです。

これまでみたいに、冬の韓国=安いというわけではなさそうです(涙)

夏休みや年末年始は高めの価格設定

韓国旅行のハイシーズンは、7~9月の夏休み期間と年末年始です。

冬でも年末年始は航空券が高いので注意してください。

この時期は空港も混雑しがちで、出国や入国手続きにも時間がかかります。

あやきむ

私は極力この期間は行かないようにしています。

ハイシーズンに行くなら平日を狙おう!

「子どもが夏休みの期間しかいけない」「お盆や年末年始以外で仕事を休めない」などの事情がある場合もありますよね。

そういった場合は、できるだけ月曜日〜金曜日のフライトを取るようにしましょう。

週末はどうしても飛行機が高いので、平日に行くことをおすすめします。

あやきむ

ちなみに半年以上前から予約すると航空券が安いです。スケジュールがわかっているなら早めの予約を!

【実体験】私が韓国旅行にかかった飛行機代まとめ

あやきむ

最後に私の実体験を残します。

2024年5月:Peach 往復54,020円(2人分)

2024年1月に2024年5月の韓国往復を予約して、一人当たり27,020円でした。

金曜日夜〜月曜日朝に帰ってくる便です。

週末挟んで、この価格はほぼ最低価格ではないでしょうか?

私が安くで買えた理由は……
  • 数ヶ月先の飛行機を予約した
  • 利便性の悪い早朝便を利用した
  • LCCのPeachで予約した
  • 日付は指定して探さず、安い日を予約した

ここら辺が最低価格で予約できた理由だと思います!参考までに。

あやきむ

これより安いのは、HISのホテル付きのプランくらいかなと思います!私はホテル別がいいので、飛行機のみ予約しました!

まとめ:安くで韓国旅行を楽しもう♡

韓国までの飛行機は安く抑えて、その分韓国でお買い物をしたり、美味しいものを食べたりするのがおすすめです♡

韓国旅行は国内旅行よりも安かったりするので、ぜひ初心者の方も行ってみてくださいね!

韓国現地では、日本語が通じることも多いので、英語や韓国語が話せなくても楽しめますよ。

あやきむ

一度韓国に行ったら、また行きたくなる国です。みんなも行ってみて♡

ホーム » 韓国旅行 » 【韓国オタクが解説】韓国旅行の飛行機代を安くするコツ&おすすめLCCを比較
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年3~4回ほど韓国に行く主婦。
韓国旅行と韓国コスメが好きです♡
韓国語は5年目突入したかも。
今年こそ話せるようになりたくて、Cafetalkでスピーキングレッスンを開始。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次