スキンケア

【30代・40代必見】化粧ノリが悪いから脱出する方法【乾燥・くすみ】

目次

あやきむ
以前と同じメイクなのに、なんだか化粧ノリが悪い・・・ファンデーション変えたほうがいいのかな・・・?

そんな悩みを持つアラサー・アラフォー世代は多いのではないでしょうか。

今回は①化粧ノリが悪いとはどういうことか、②化粧ノリを良くする方法について紹介します。

ちなみに全て、アラサーワーママのあやきむ(筆者)が試して効果があったものばかり!

すぐに実践できるものから、時間・お金がかかるものまでありますが、少しずつ化粧ノリを改善していきましょう!

 

 

30代・40代が肌がキレイになるメリット

あやきむ
肌がキレイになったほうがいいのはわかるけど、具体的にどんなメリットがあるの?

10代・20代の頃は目の大きさなど顔立ちによって、可愛いか・美人かなどが判断されています。

しかし、30代・40代になるとどうでしょう。

芸能人を見てもわかることですが、年齢が上がるにつれて「肌がキレイな人=美人」という認識に変わってきます。

そう、肌がキレイだと、顔立ちはどうであれ美人と言われるようになってくるのです。

そして、肌のキレイさは日々の生活習慣やスキンケアで、改善することができます。

自分の努力によって、美人な印象を周りに与えられるようになるのです。

ちなみに男性から見ても、肌がキレイな人=健康的という印象を与えて、モテにつながるそうですよ。

 

 

化粧ノリが悪くなる原因って?ファンデーションorスキンケアが原因?

あやきむ
化粧ノリが悪くなる原因はいくつかあります。タイプ別に紹介します。

 

乾燥によって化粧ノリが悪くなる

30代・40代では、肌質に関係なく乾燥に悩む人が増えます。

これは皮膚にあるセラミドなどの保湿成分が、加齢とともに減少してくることが原因です。

乾燥した肌はファンデーションが浮きやすくなり、化粧ノリが悪くなる原因に。

また「保湿=化粧水などをいっぱい塗る」というスキンケア方法は誤りです。

化粧水やクリームをたくさん塗布するだけではアラサー・アラフォー世代の乾燥は解決されません。

保湿成分と呼ばれる「セラミド」や「コラーゲン」、「アミノ酸」が配合されたスキンケアを使う乾燥対策が大切です。

あやきむ
私は元々脂性肌だったにも関わらず、年齢とともに乾燥でメイクノリが悪くなっていました。

 

皮脂によって化粧ノリが悪くなる

アラサー・アラフォー世代でも、皮脂による化粧ノリの悪さ・化粧崩れはあります。

最近は毎日マスクをつけるようになり、マスクの中は暑さや水蒸気で充満し、肌にとっては過酷な環境になっています。

そこで肌を守るために皮脂の分泌量が増加傾向にあります。

過剰な皮脂分泌は毛穴トラブルやニキビにもつながり、さらに化粧ノリが悪くなるという悪循環に。

そうなる前にビタミンCのスキンケアを取り入れて、皮脂が分泌されにくい肌環境を作ることが大切です。

 

小ジワやたるみによって化粧ノリが悪くなる

小ジワもたるみも肌に凹凸ができて、ファンデーションがキレイにのりづらくなる原因になります。

特に目元の小ジワにはファンデーションが溜まって、余計小ジワが主張されがち。

そうなると実年齢より老けて見られるようになってきます。

小ジワやたるみは、コラーゲン不足による肌の弾力が低下が原因。

そんなときは、ビタミンC誘導体やレチノール入りのスキンケアを使うのがおすすめです。

あやきむ
目元のちりめんジワは乾燥が原因。セラミドなどの保湿成分入りスキンケアを使いましょう。

 

顔のうぶ毛によって化粧ノリが悪くなる

顔のうぶ毛も化粧ノリが悪くなる原因のひとつです。

いくら肌にファンデーションをキレイに塗ろうとしても、うぶ毛が生えていたらまばらになってしまいますよね。

あやきむ
かといって、毎回うぶ毛処理をするのは大変だし、肌にダメージが大きくない?!

うぶ毛の自己処理って大変だし、剃刀で肌を傷つけかねないので、あまりおすすめはできません。

そこで、美容好きのあいだで流行っているのが「顔脱毛」です。

顔からうぶ毛が消えるだけで、「化粧ノリ」「毛穴トラブル」「肌のトーンアップ」と一石三鳥な効果があります。

私は顔脱毛をしてから、肌がキレイだねって言われる回数がすごく増えました。お金と時間はかかりましたが満足しています。

 

メイクアイテムややり方が合っていない

そもそも若い頃と同じメイクアイテムを使っていて、現在の自分の肌とメイクが合っていない。

古いパフをずっと使い続けて、キレイに肌にファンデーションがのらない。

などもよくある化粧ノリが悪くなる原因のひとつです。

特にパフは面倒くさいからと洗わずにいると、余分なファンデーションまで肌についてしまい、厚塗りな仕上がりになります。

30代・40代で厚塗りをすると、どうしてもメイクが肌から浮いてしまいますから、化粧ノリが悪く見えてしまうのです。

あやきむ
キレイなパフには空気孔があり、そこに余分なファンデーションが溜まることによって、適量肌にファンデを塗布することができるのです。洗っていないパフは、空気孔がファンデーションで詰まっており、余分なファンデが落ちなくなります。

 

乾燥による化粧ノリの悪さを改善する方法

【乾燥×化粧ノリの悪さ】セラミドのスキンケアで解決

アラサー・アラフォーの肌は、化粧水やクリームをたっぷり塗るだけでは乾燥を解決できません。

セラミドという保湿成分を美容液などで補い、水分が蒸発しにくい肌を作ることが大切です。

セラミドは即効性があり、長く使用すると肌の水分量を高めてくれる効果があります。

40代以降では、水分と同様に油分も不足してきます。

美容液の上からクリームを重ねて、しっかり保湿しましょう。

韓国スキンケアオタクのおすすめセラミドケアはreal barrier!

 

【乾燥×化粧ノリの悪さ】スリーピングパックのスキンケアで解決

セラミドを使っても、肌の乾燥が解決しない場合はスリーピングパックがおすすめ。

方法は夜のスキンケアで厚く塗って、そのまま寝るだけ。

寝ているあいだにスキンケアが完了し、翌朝もち肌に。

簡単なので、忙しいキャリアウーマンやママさんにもおすすめな方法です。

毎日使わらなくても、週末のスペシャルケアにしてもOKです。

韓国スキンケアオタクのおすすめクリームパックはfemmue!
created by Rinker
¥4,950 (2021/08/02 15:22:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

 

皮脂による化粧ノリの悪さを改善する方法

【皮脂×化粧ノリの悪さ】ビタミンCのスキンケアで解決

皮脂は化粧ノリを悪くし、メイク崩れを招く原因ですが、肌を保護するメリットもあります。

油とり紙などで、皮脂を取りすぎると、肌が皮膚を守ろうと余計に皮脂を分泌してしまいます。

だから適切なスキンケアで、皮脂とうまく付き合っていくことが大切です。

ビタミンC入りのスキンケアを使えば、皮脂の分泌が抑制されます。

またビタミンCは、毛穴を小さくしたり、紫外線による肌のダメージを修復する効果も知られています。

大人女子には必須の美容成分なので、積極的に日々のケアに取り入れていきましょう。

韓国スキンケアオタクのおすすめビタミンケアはMISSHA!

 

 

【皮脂×化粧ノリの悪さ】生活習慣で解決

実は皮脂の分泌は生活習慣に大きく関わっています。

次の生活習慣に気を付けておくと、皮脂を始めとする肌トラブルの頻度は減ります。

こんな方におすすめ

  • 身体を温める。飲み物は温かいものが基本!
  • 油っぽい揚げ物やお菓子を食べすぎない。
  • 油分の多いスキンケアは避ける。
  • 朝は洗顔料を使い、ぬるま湯で洗顔する。
  • 夜は決まった時間に入眠する。
  • 肌から摩擦と紫外線は避ける。
あやきむ
気にするポイントは挙げればキリがありませんが、まず実践できるところからやってみて!

 

 

 

小ジワやたるみによる化粧ノリの悪さを改善する方法

【小ジワ・たるみ×化粧ノリの悪さ】ビタミンCのスキンケアで解決

皮脂対策でもビタミンCはおすすめしましたが、実は小ジワやたるみにもいいと言われています。

そしてビタミンは化粧水や美容液など、水っぽいスキンケアで補給するのが効率的です。

ビタミンは美白効果もあり、一年中使用するのがおすすめ。

あやきむ
ちなみに目元のちりめんじわは、乾燥が原因なので、ビタミンよりも保湿ケアが効果的です。

 

 

【小ジワ・たるみ×化粧ノリの悪さ】レチノールのスキンケアで解決

レチノールはビタミンAのことであり、顔の小ジワや毛穴、たるみ、赤みなどにいいと言われています。

肌にあるコラーゲンの生成を促す働きがあります。

ただし、効果が高いため肌に負担があるというデメリットも。

最初のうちは肌がカサついたり感じられることもありますが、使い続けていくうちに徐々に慣れていきます。

韓国スキンケアオタクのおすすめレチノールケアはDr. Different!
【Dr.Different】ビタ リフト A (0.05%) (エイジング) (エイジング) Vita A Cream 20g スキンケア ビタミン クリーム 皮膚科 レチナール 弾力クリーム リペアクリーム ドクターディファレント公式 化粧品 韓国コスメ【楽天海外直送】

 

 

顔のうぶ毛による化粧ノリの悪さを改善する方法

【うぶ毛×化粧ノリの悪さ】顔脱毛で解決

顔のうぶ毛って見えていないだけで、かなりの量が生えています。

いくら綺麗にファンデーションを塗ろうとしても、うぶ毛が邪魔していたら台無しに。

そこで顔脱毛がおすすめです。

顔はセルフシェービングでは手入れしにくい箇所なので、脱毛サロンの方が圧倒的におすすめなのです。

眉や鼻下のシェービング回数も減ってorなくなって、肌への負担も減るのでいいことづくしです。

時間とお金はかかりますが、顔もワントーン明るくなり、私は顔脱毛は満足でした。

 

 

メイクアイテムややり方による化粧ノリの悪さを改善する方法

【メイクアイテム×化粧ノリの悪さ】パフ交換で解決

化粧ノリの悪さを手っ取り早く解決するなら、一度パフを交換してみて。

何回も使ったパフは、パフ内の空気孔に余分なファンデーションが落ちずに厚塗りになります。

厚塗りになると、小ジワに入ったファンデやメイクが浮くのが目立ちがちになります。

また、そもそも何度も使ったパフは雑菌が増殖して不衛生。

あやきむ
コスパの良いパフを使って、毎日新しい面でメイクを完成させるようにしてみてくださいね。

 

【メイクアイテム×化粧ノリの悪さ】パフ洗浄で解決

パフ交換もおすすめですが、毎日交換すると金銭的に痛いですよね。

そういう時は、パフを洗浄します。

ブラシやパフ専用クリーナーが売っているので、それらを使用して汚れをオフ。

化粧ノリが良くなる上に、衛生的にパフを使えて肌の調子もよくなります。

 

 

【まとめ】化粧ノリを良くして、健康的で魅力的な美肌を手に入れよう。

今回は化粧ノリの悪さを改善する方法を紹介しました。

  • この記事を書いた人

あやきむ

薬剤師と美容ライターをしているワーママです。 毎月5万円以上は韓国コスメを買いあさり、美肌を研究中。 一方で二児の母であり、将来は海外移住が夢。

-スキンケア

Copyright© Kim Cosme , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.